ゲーミングノートPCはやめとけと言われる本当の理由?長所と短所を解説

GALLERIA XL7C-R45-5の本体の外観&サイズ&カラーバリエーション_2

一部PRあり

目次
  1. なぜ「ゲーミングノートPCはやめとけ」と言われるの?理由とデメリット
  2. デメリットだけじゃない!ゲーミングノートPCのメリット3選
  3. 後悔しないゲーミングノートPCの選び方【4つの選定基準】
  4. おすすめ&人気のゲーミングノートPC3選
  5. おすすめ&人気のデスクトップゲーミングPC3選

なぜ「ゲーミングノートPCはやめとけ」と言われるの?理由とデメリット

ノートPC-VS-デスクトップPC

「ゲーミングPCはやめておいた方がいい」と言われる理由は主に以下の5つのデメリットがあるからです↓

ゲーミングPCはやめておいた方がいい理由&デメリット5選
  1. デスクトップ型のゲーミングPCに比べて価格が高め
  2. 後から追加やカスタマイズができない
  3. 通常のノートPCよりも重い&大きい
  4. 冷却性能や廃熱・駆動時の音
  5. バッテリー持続時間の短さ

デメリット➀:ゲーミングPCはコスパが悪い!同価格ならスペックはデスクトップ > ノートで性能重視ならデスクトップ優勢

ゲーミングノートPCは、デスクトップPCと比較して価格が高めに設定されていることが多いです。なぜなら、ノートPCは限られたスペース内で高性能な部品を搭載しなければならないため、その設計と製造が高コストにつながるからです。

例えば、同じ予算でゲーミングPCの購入を検討している場合、ゲーミングノートPCに搭載されているCPUやGPUよりも高いスペックのデスクトップPCを選択する事が可能です。

デスクトップPCではノートPCより高速なクロック速度や、より多くのコア数を持つCPUを選択できることが多く、これはマルチタスク処理や複雑な計算が必要な作業において明確な利点となります。特にゲーミングPCの最重要パーツであるグラフィックスカードも、ノートPCよりもデスクトップPCの方が発熱と電力の制限が少ないため、より高性能なものが選べる傾向にあります。

デメリット➁:後から追加やカスタマイズができない(拡張性の差)

ゲーミングノートPCの最大のデメリットの一つに「拡張性が限られている」という点が挙げられます。

多くのゲーミングノートPCでは、内部の主要なコンポーネント(CPUやGPUなど)の交換が困難または不可能なので、より新しくて高性能なソフトウェアやゲームが要求するスペックが上がると、それに応じて新しいノートPCを購入しなければなりません。

デスクトップPCでは、必要に応じて新しいグラフィックカードに交換することでゲームのパフォーマンスを大幅に向上させることができますが、ゲーミングノートPCではこのようなアップグレードができません。

一応ゲーミングノートPCでもメモリやストレージなどの一部のコンポーネントはアップグレード可能なモデルもありますが、これにはある程度の技術的な知識が必要です。これらの作業は保証を無効にするリスクも伴うため、安易な自己メンテナンスはお勧めできません。

デメリット➂:ゲーミングノートPCの重量やサイズ=通常のノートPCよりも重い&大きい

また、ゲーミングノートPCは一般的なノートPCに比べて重く大型であることが多いです。

持ち運びを重視してデスクトップ型ではなくノート型のゲーミングPCを選ぶと思いますが、ゲーミングノートPCは一般的なノートPCと比較すると重量とサイズは無視できないポイントです。

自宅での使用がメインであれば問題ありませんが、頻繁に持ち運ぶ場合は、自分が快適に持ち運びできるかどうか・サイズや重さを購入前に製品ページのスペック一覧等で確認しておくことを強くお勧めします。

デメリット➃:冷却性能や廃熱・駆動時の音

個人的にはここが一番気になる部分だったりしますが、ゲーミングノートPCの冷却性能や廃熱・音にも注意が必要です。

ゲーミングノートPCは発熱が大きいため、冷却性能が低いとパフォーマンスが低下したり、最悪の場合、故障するリスクもあります。

冷却ファンの数や配置、空気の流れを考慮した設計がされているかを確認することが大切です。口コミやレビューをチェックして、実際の使用感を把握しておくと良いでしょう。

デメリット➄:バッテリー持続時間の短さ

また、ゲーミングノートPCは高性能な分バッテリーの持続時間が短いという点に注意が必要です。

高性能なCPUやGPUがゲームを快適に動かすためには大量の電力を消費します。そのため、内蔵バッテリーのみで長時間ゲームをプレイするのは難しいです。

外出先での使用を考えている場合は、電源が確保できる環境が準備できるかもゲーミングノートPCを選ぶ際の基準になります。

デメリットだけじゃない!ゲーミングノートPCのメリット3選

ゲーミングノートPCにはデメリットがある一方で、決して見過ごせないメリットも多数存在します。

ゲーミングノートPCの特に重要な3つのメリットは以下の要素が挙げられます↓

ゲーミングPCのメリット3選
  1. 携帯性に優れている
  2. 電源がなくてもある程度の時間駆動できる
  3. 購入後直ぐに使える&追加で周辺機器の出費も少なくて済む

メリット➀:携帯性に優れている

ゲーミングノートPCの最大の魅力は何と言ってもその携帯性でしょう。

通常のノートPCに比べればゲーミングノートPCは大きい傾向にはありますが、最近では軽量でコンパクトなモデルも多く登場し、持ち運びが容易で旅行や出張時にも手軽に高性能ゲームを楽しむことができます。

私の場合、出張時にゲーミングノートPCを持ち運んでビジネスホテルでプレイしていました。これはデスクトップ型のゲーミングPCにはできない魅力と言えるでしょう。

メリット➁:電源がなくてもある程度の時間駆動できる

こちらも1つ目のメリットの「携帯性」と似ていますが、内蔵バッテリーにより、電源がない場所でも一定時間、作業やゲームを続けることができます。

これにより、停電時や外出先での使用が可能ですし、ベットの上でゴロゴロしながら遊べるのは最高です。これはデスクトップPCでは実現できない自由度と言えるでしょう。

メリット➂:購入後直ぐに使える&追加で周辺機器の出費も少なくて済む

ゲーミングノートPCは、購入後すぐに使い始めることができる点も大きな利点です。

ノートPCなので購入後、複雑な組み立てや設定が不要で、箱から出してすぐに高性能を活かしたゲームプレイが楽しめます。これは、デスクトップPCに比べて特に初心者にとってメリットと言えるでしょう。

付随してディスプレイ、キーボード、マウスなどの周辺機器が内蔵されているため、追加のアクセサリーを購入する必要がない=追加の費用も少ないのも魅力です。

ここまで挙げたメリットは、ゲーミングノートPCが提供するオリジナルな価値と言えユーザーにとって大きな利点となることが多いです。

そのため「ゲーミングノートPCがいいのかデスクトップ型がいいのか」の結論として「自分のライフスタイルに合わせて選択するのがベスト」としか言えません。

ゲーミングノートPCが向いている人と向いていない人

ゲーミングノートPCの購入を検討する際には、そもそも自分がゲーミングノートとデスクトップどちらに適しているかを知ることが重要です。

以下に、ゲーミングノートPCが向いている人と向いていない人の特徴を挙げます↓

ゲーミングノートPCが
向いている人
ゲーミングノートPCが
向いていない人
頻繁に移動する人:
出張やカフェでの作業が多く、常にPCを持ち歩く必要がある人には、ゲーミングノートPCの携帯性が大きな利点となります。


スペースが限られている人:
狭い住空間で、大きなデスクトップPCの設置スペースがない場合、コンパクトなゲーミングノートPCが適しています。


面倒な設定なく直ぐに使いたい人:
周辺機器が一体化しているため、購入してすぐにゲームや作業を始めることができます。

コスパを重視する人:
同じ価格でより高性能なデスクトップPCを求める場合、ゲーミングノートPCはコストパフォーマンスが劣るため適していません。


拡張性を求める人:
将来的に自分でハードウェアのアップグレードを行いたい場合、ゲーミングノートPCは内部構造上、その拡張性に限界があります。


静音性を求める人:
コンパクトな設計のため、冷却ファンの騒音が大きくなることがあります。

これらの点を考慮し、自分の用途や好みに合わせてゲーミングノートPCの購入を検討することが、満足できる選択に繋がるでしょう。

後悔しないゲーミングノートPCの選び方【4つの選定基準】

ゲーミングノートPCを選ぶ際に後悔しないための4つの基準を説明します。これらのポイントを押さえることで、ニーズに合ったPC選びが可能になります。

ゲーミングノートPCの選び方➀.CPUとGPUのスペック

まずゲーミングノートPCを選ぶ際、最も重要な要素はグラフィックボード(GPU)です。

AMD Ryzen™ 5 7535HS プロセッサー

そもそもゲームでは1秒間に何度も画面描画を書き換えることでパラパラ漫画のように動いて見せていますが、1秒間に何回書き換えるか(フレームレート)に対してGPU(グラフィックの処理能力)が足りないと画面描画が間に合わず、結果カクカクのゲーム画面になってしまいます。

特に通常のノートPCはGPUが低く、簡単なゲームですらGPUが足りずにカクカクでのプレイになってしまうので、ゲームを遊ぶ前提のゲーミングノートPC選びではGPUを最優先して選びましょう。

【グラボの性能比較(ベンチマークスコア)】

型番
(GeForceシリーズ)
ビデオメモリ容量 性能目安(ベンチマークスコア)
RTX 4090 24GB 5350
RTX 4080 SUPER 16GB 4831
RTX 4080 16GB 4779
RTX 4070 Ti SUPER 16GB 4500
RTX 4070 Ti 12GB 4311
RTX 4070 SUPER 12GB 4245
RTX 4070 12GB 3666
RTX 4060 Ti 16GB 16GB 3171
RTX 4060 Ti 8GB 8GB 3091
RTX 4060 8GB 2703
RTX 3090 Ti 24GB 4111
RTX 3090 24GB 3653
RTX 3080 Ti 12GB 3600
RTX 3080 10GB 3323
RTX 3070 Ti 8GB 3023
RTX 3070 8GB 2972
RTX 3060 Ti 8GB 2688
RTX 3060 12GB 2322
RTX 3050 8GB 1753
GTX 1660 SUPER 6GB 1741
GTX 1650 4GB 1059
GTX 1630 4GB 625
GT 1030 2GB 357

情報源:グラフィックボード性能比較(ドスパラ公式)

ゲーミングノートPCの選び方➁:CPUはグラボの次に優先:

次にゲーミングPC選びで重要なのは”CPU“です。

理由は、CPUがゲームのロジック処理や背景で動くプログラムを担当するからです。具体的には、Intel Core i5またはAMD Ryzen 5シリーズのCPUを搭載したモデルがおすすめです。

例えば、Intel Core i5-11400HやAMD Ryzen 5 4600Hなどは、ゲームだけでなく日常のタスクにも十分な性能を提供します。これにより、ゲームプレイ中の動作がスムーズになり、快適な使用感を得られます。

ゲーミングノートPCの選び方➂:メモリは16GB以上は欲しい 配信者は32GB以上を

メモリについてはゲームの動作には大量のデータを一時的に保存するメモリが重要となってくるので、16GB以上のメモリは欲しいです。

16GBのメモリがあれば大体のゲームを快適にプレイできますが、配信者や動画編集をする場合まで想定するなら32GB以上のメモリが推奨されます。

例えば動画配信や録画の定番『OBS Studio』を使って配信しながらゲームをプレイする場合でも、32GBのメモリがあればスムーズに作業できます。

OBS Studioで配信している画面
参考:システム要件(OBS Studio)

ゲーミングノートPCの選び方➃:意外と必要なストレージ

ゲーミングノートPCを選ぶ際には、ゲームのインストールや保存に多くの容量が必要となるためストレージの容量(と速度)も重要な要素です。

具体的には、最低でも512GBのSSDを搭載したモデルを選ぶことをおすすめします。例えば、『Call of Duty』や『Red Dead Redemption 2』などの大型ゲームは、インストールに100GB以上の容量を必要とします。

さらに、ストレージもSSDの方がHDDに比べて読み書き速度が速く大きなサイズのゲームの起動時間やロード時間を短縮できるのでお勧めです。

★5-2.必要な空き容量

また、最近のゲームはアップデートや追加コンテンツが頻繁にあり、これもストレージを圧迫します。したがって、512GBでも足りない場合があるため、1TBのSSDを搭載したモデルを選ぶとより安心です。さらに、外付けのSSDやHDDを利用することで、必要に応じてストレージを拡張することもできます。

おすすめ&人気のゲーミングノートPC3選

ゲーミングノートPCの選択は、パフォーマンス、デザイン、そして価格のバランスが重要です。ここでは、評価が高く人気のあるゲーミングノートPCを3つ紹介します。

【ドスパラ】 ガレリア(GALLERIA) XL7C-R45-5 :

ゲーミングノートPCの中でも有名&人気なのがドスパラのガレリア(GALLERIA) XL7C-R45-5でしょう。

GALLERIA XL7C-R45-5の本体の外観&サイズ&カラーバリエーション

このモデルは、安定した性能とコストパフォーマンスの良さが特徴です。インテル Core i7-13700HとNVIDIA GeForce RTX 4050 を搭載しており、最新のゲームも快適にプレイできます。また、16GBのメモリと500GBのSSDを備えており、普段使いからゲームまで幅広く対応します。

【GALLERIA XL7C-R45-5のスペック一覧】

機種: GALLERIA XL7C-R45-5
『Minecraft: Java & Bedrock Edition for PC、Xbox Game Pass同梱版』
ドスパラ定価: 174,980円(税込)
OS: Windows 11 Home
CPU: Core i7-13700H
グラフィックス: GeForce RTX 4050 6GB
LaptopGPU
メモリ: 16GBメモリ
ストレージ: 500GB SSD
ディスプレイ: 144Hz 15.6インチ
非光沢フルHD液晶 (1920×1080ドット表示)
サイズ: 約 360(幅) x 245(奥行) x20(高さ 最薄部)mm
重量: 約2.2kg
ベンチマークスコア: 8925

GALLERIA XL7C-R45-5の本体の外観&サイズ&カラーバリエーション_2

\ セール&ポイント還元も🎵在庫を確認↓ /

【mouse】NEXTGEAR-NOTE

NEXTGEAR J6-A7G60GN-A

割と安価な10~15万円くらいの予算でゲーミングノートPCを探しているなら、価格帯・条件で真っ先に候補に挙がってくるのが、mousu(マウス)コンピューターのゲーミングPCブランドNEXTGEAR(ネクストギア)シリーズのノートPCでしょう。

mouseコンピューターのゲーミングPCブランド「NEXTGEAR」シリーズ

mouseのゲーミングPCの中でもコスパに優れるNEXTGEARシリーズのノート型PC「NEXTGEAR J6-A5G60GN-A」が13万円台から狙えます。

【NEXTGEAR J6-A5G60GN-Aの価格&性能表】

モデル: NEXTGEAR J6-A5G60GN-A(ノート型)
型番: J6A5G60GNADCW101DEC
定価: 139,800円(税込)
OS: Windows 11 Home
CPU: AMD Ryzen™ 5 7535HS プロセッサー
グラフィックス: GeForce RTX™ 4060 Laptop GPU
メモリ: 16GB
(8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ: M.2 SSD 500GB (NVMe Gen4×4)
ディスプレイ: 16型 液晶パネル (ノングレア / 165Hz対応)
保証期間: 3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポート
本体サイズ:
(幅×奥行き×高さ)
358.4mm×268.3mm×26.3mm
重量: 約2.29kg
バッテリー駆動時間: 約 8時間
(JEITA測定法 Ver.2.0

mouseのNEXTGEARシリーズは、高性能かつリーズナブルな価格で人気のモデルで、ゲームだけでなく動画編集や3Dモデリングなどの作業にも十分な性能を持っています。

またゲーミングPCとして「nキーロールオーバー対応キーボード」にも対応しており、FPSなどで要求される複数のキーの同時押しに対応しているので思い通りのゲームプレイが行えます。

nキーロールオーバー対応キーボード

またFPSや格闘ゲームに強いリフレッシュレート165Hzに対応の液晶ディスプレイとなっているのも◎ 予算10~15万円の範囲ででゲーミングノートPCならこの1台がお勧めできます🎵(グラフィックスやストレージなどのアップグレードのカスタマイズも可能です)

\ 公式ページでPC詳細やカスタマイズを確認してみて↓ /

特にmouseでは頻繁に特価セールや割引クーポン配布を行っているので、上記の定価よりも安く購入できるタイミングもあるかもしれないので要チェックです↓

2024年7月最新のPCセール情報

マウスコンピューターでは2024年7月19日~7月31日までの期間限定で「BIG SALE SUMMER」が実施中です!
■2024年7月31日までの期間限定セール_■マウスコンピューターのセール「BIG SALE夏」_最大50,000円OFF
ゲーミングPC「G-Tune」や、クリエイター向けPC「DAIV」の他、一般向けPC「mouse」ブランドも最大50,000円OFFになっているのでパソコンの準備に是非活用してみて下さい🎵
 

\ セール実施中&クーポン配布あります↓ /

 
また特別価格でこっそり販売しているシークレットモデルも在庫要チェックです↓

【Lenovo】LOQ 15IRX9

Lenovo(レノボ)で比較的安価なゲーミングノートPCモデルをお探しなら、レノボのゲーミングPCブランド「Lenovo LOQ」の「Lenovo LOQ 15IRX9」がおすすめです。

Lenovo LOQ 15IRX9の見た目

このモデルはプロセッサーにはインテル® Core™ i7-13650HXを搭載し、グラフィックカードにはNVIDIA® GeForce RTX™ 4050 Laptop GPUが採用されています。

6GBのGDDR6メモリにより、ゲームの高画質設定でも快適にプレイできるなど、価格と性能のバランスが非常に優れており、特にゲームプレイに適した機能を持っています。

【NEXTGEAR J6-A5G60GN-Aの価格&性能表】

モデル: Lenovo LOQ 15IRX9 (ルナグレー)
定価: 146,960円(税込/送料無料)
OS: Windows 11 Home 64bit
CPU: インテル® Core™ i7-13650HX プロセッサー
(Eコア 最大 3.60 GHz Pコア 最大 4.90 GHz)
グラフィックス: NVIDIA® GeForce RTX™ 4050
Laptop GPU 6GB GDDR6
メモリ: 16 GB
DDR5-4800MHz (SODIMM)
ストレージ: M.2 SSD 512 GB
SSD M.2 2242 PCIe-NVMe Gen4 TLC
ディスプレイ: 15.6″ FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 300 nit, 144Hz
保証期間: 1年間 Legion Ultimate Support
本体サイズ:
(幅×奥行き×高さ)
359.86mm x258.7mm x21.9~23.9mm
重量: 約 2.38kg

ディスプレイは15.6インチFHD液晶で解像度は1920 x 1080で、144Hzの高リフレッシュレートに対応も対応しているので、高リフレッシュレートに対応したゲームもプレイ可能です。またIPSパネルを採用しているため、広視野角で色鮮やかなのも特長です。

\ PCの情報&在庫を確認してみて🎵↓ /